[HOME]画像掲示板1
掲示板1にて画像が投稿できない方は掲示板2をお使いください。
[投稿]

T-34/76中戦車
(1941年)11月1日のソ連革命記念日。モスクワの赤の広場で、記念のパレードをおこなったソ連軍の兵士たちは、そのまま前線へ向かった。ジューコフは、さけんだ。「たたかいのテーブルをひっくり返せ!」11月15日、ドイツ軍は、全力をあげて攻撃に出た。「これで終わりだ!」ドイツ兵たちは、歯をくいしばり、わらの防寒ぐつをはいて雪の中を前進した。どろまみれのドイツ戦車が、新しいソ連の75ミリ対戦車砲にねらわれて火をふく。ロケット弾の雨がドイツ兵の上にふりそそぐ。とつぜん、むらさき色の強い光。ごう音がつづく。「T34だっ!」 
「4号」戦車の砲身が火をふく。「カーン」と音をたてて砲弾は、「T34」の装甲板の上をすべる。「T34」のはば広いキャタピラは、雪の上をらくらくと動いて、ふたたび、むらさき色の発射光が――。「4号」戦車のキャタピラがぶっとぶ。戦車は方向をうしなって、雪けむりの中をすべってとまった。戦車の乗員がとび出す。「T34」の機銃が火をはく。「早く、ここまで来い!」みぞの中で見守るドイツ兵たち。戦車兵はみぞの中にたたきつけられる。もう息はない。ドイツ軍はモスクワでやぶれた。こおりつく雪の平原の穴の中でドイツ兵たちは考えた。「春だ!来年の春までたえれば――」ヒトラーはこの敗北にいかりくるって、グーデリアンをふくむ三七名の司令官や師団長をやめさせてしまった。「T34をやっつける新戦車はまだか!!」かれは、新戦車「パンサー」の完成をいそがせた。

〜『壮烈!ドイツ機甲軍団 復刻版』 中西立太(著) 復刊ドットコム P96〜97より〜
闇社会のフィクサー   2017.3.6- 9:12


冬戦争
「自国すら守れない民族を他国が助けてくれるはずがない。もし、助けてくれることがあるなら、何か別の野心を持っているだけのことである。従って、大国に頼り切ることは大国に逆らうのと同じくらい危険である。」(by マンネルヘイム元帥)
闇社会のフィクサー   2017.3.6- 9:11

冬戦争の記録見てると心が震えます
万を越すソ連軍に絶望的な寡兵で挑まざるを得なかったフィンランド。
しかし彼らは地の利を存分に活かし、ゲリラ戦で数に勝るソ連軍を圧倒していきます。

国の独立を守るというのはそれほどまでに壮絶なのかと考えさせられますね。
エアロ   2017.3.6-20:05

ロシアの冬将軍を更に上回るフィンランドの氷地獄の猛威、恐るべし…
闇社会のフィクサー   2017.3.6-23:18


プーマ装甲歩兵戦闘車
>『兵器はポケモンではないのだから、能力だけを単純に比較しても意味はない』。
>戦車と戦車、もしくは戦闘機と戦闘機が天下一武道会みたく1VS1で向かい合って、「よーいスタート」で戦闘……
>そういう考え方は、綺麗さっぱり捨ててもらえると助かります。
>tp://gikoheiki.web.fc2.com/thema/001.html

兵器のカタログスペックだけを単純比較していても意味は無い、ってのは「軍事」を考える上で基本的な事柄の一つとは言えるよなー。将棋で例えると、桂馬の駒と金の駒はどっちが強いかを一生懸命比較しても意味が無いのと似てるかもしれない。大事なのは盤上の駒をどう使っていくか(運用)。さしずめ将校(指揮官)は、駒を動かして相手を追い詰めていく将棋の棋士のような存在と言えるかも。
闇社会のフィクサー   2017.3.6- 9:10


瀋陽 殲-31(J-31)
中国の軍事技術の急成長ぶりについての話を読んでいると、「何かの間違いじゃないのか?」とも思ってしまうけれど、事実とあらば受け止めるしかないか…
闇社会のフィクサー   2017.3.6- 9:08


キラプリ
最初にマカロンとショコラのキャラデザを見たときは、5シリーズのときみたいに中3設定なのかと思ったけど、高校生だったんだなー。高校生プリキュアはムーンライト以来って事になるかな。「もうマカロン一人で良いんじゃないかな」と言われる程の強さ…途中追加キュア並の補正ぶりw


『キラキラ☆プリキュアアラモード』5話感想 ゆかりお姉さま素敵過ぎる!美人だけどお茶目で可愛かった
tp://aaieba.livedoor.biz/archives/50781662.html
闇社会のフィクサー   2017.3.5-19:34

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14
[管理]
CGI-design