☆魁!碧塾!第零話 ☆
☆無題☆

 

 「皆さん始めまして!私が塾長を務める碧塾にようこそ!私が塾長の杉浦碧です!碧ちゃんって呼んでね(はぁと)。それでは今から質問タイムに入ります、聞きたいことは何でも聞いてね。でも何で自分はここにいるのかっていう質問は禁止!だって作者だってそこまで考えてないんだから。じゃあ、質問ある人〜」

 「はい・・・・」

 「はい、えーと貴方は・・・ラクスさん?」

 「水原暦です・・・・まあそれはともかく、その先生が手にはめている人形は何ですか?」

 「ああ、コイツの紹介がまだだったわね。プッチャン、挨拶して。」

 「俺の名はプッチャン、それ以上でもそれい以下でもないただの人形だ。お前らよろしく頼むぜ。」

 (ひょっとしてそれはギャグで言っているのか!?)

 「他に質問がある人」

 「先生っていくつなんですか?」

 「17歳」

 「はい!?」

 「だから〜じ・ゅ・う・な・な・さ・い

 (ひょっとしてそれはギャグry)

 「え〜と先生、授業の内容のことなんですけど、具体的にどこら辺を扱うんですか?」

 「おーっとようやく世界史コンテンツっぽい質問が出てきたわね。マジレスすると第2次スーパーロット大戦第2次百年戦争と呼ばれる時代を扱うわよ。」

 「ジャンヌ・ダルクのあたりですか?」

 「それは百年戦争(1337〜1453)。ここの第2次百年戦争っていうのはウィリアム王戦争(1689〜1697)からナポレオン戦争(1792〜1815)までのイギリスとフランスの抗争のことだ。まあ途中でアメリカ独立戦争やフランス革命なんかも絡めるけどな。」

 「暗い話が多そうだな」

 「戦争はヒーロごっこじゃない!」

 「デス種じゃそう言っていた本人が終盤でヒーローごっこしてたけどな」

 「で、その首領はそこにいるメガネってワケだ。」

 「ダブルチョーップ!!

 「うらば!!」

 「・・・ともかく、次回からは第2次百年戦争、まあ百年戦争DESTINYでも百年戦争A'sいいけど・・・・についての授業が始まるわよ!」

 「スタート何だあああああっっっっ!?」

 「・・・大丈夫かこのメンバーで・・・・」

次があったら→    


戻る

アイコン
眠りの園
espace space -le Ciel-

お借りしましたありがとうございます<(_ _)>


アクセス解析