ルクスお姉さんの居残り授業
〜汝、火病ることなかれ〜 part1

 「さて、新シリーズ「の国と愉快な仲間たち」の発足とともに大幅に再編することになった居残り授業シリーズ。

やたら長文のコピペばっかりで、作者ですらどこに何が書いてあるのかわからないってのはちょっちまずいわね。

というわけで整理することになったわけだけど」

 「逆転ニュルンベルグ裁判の方は?

あっちはまだ終わってないぜ?」

 「いいの、いいの。

だいたいネタ不足で全っ然更新してないでしょうが」

 「ぐっ! 言ってはならんことを…!」

 「だいたい世界史コンテンツシリーズはたくさんあるけど、完結している作品はほとんどないってのが実情じゃない。

だから途中で投げ出しても問題ないわよ。

ほら、よく言うじゃない。

アカ信号、みんなで渡れば怖くないって」

 「言わん、言わん」

 「それにしたって半島はいいわよ〜 半島は〜

デフォルトで電波が高出力だからね。

ユダヤ如きが半島に太刀打ちできるわけないのは自明の理なわけよ。

つまらないユダヤネタよりも半島の特集組んだ方が読者もきっと喜ぶわ」

 「そんな事よりルクスさんよ、ちょいと聞いてくださいよ。コンテンツとあんま関係ないけどさ。

このあいだ、韓国行ったんです。韓国。

そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで通れないんです。

で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、日本は反省しる!、とか書いてあるんです。

もうね、アホかと。馬鹿かと。

お前らな、歴史教科書如きでデモに来てんじゃねーよ、ボケが。

教科書だよ、教科書。

なんか親子連れとかもいるし。一家4人で反日デモか。おめでてーな。

よーしパパチョッパリに謝罪させるニダ、とか言ってるの。もう見てらんない。

お前らな、キムチやるからその道空けろと。

韓国ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。

焼肉屋のテーブルの向かいに座った奴にいつ日本人と見破られるかおかしくない、

刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。

で、やっと通れたかと思ったら、別の奴が、従軍慰安婦に謝罪と賠償を、とか言ってるんです。

そこでまたぶち切れですよ。

あのな、慰安婦なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。

得意げな顔して何が、謝罪と賠償を、だ。

お前は本当に謝罪させたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。

お前、金が欲しいだけちゃうんかと。

韓国通のわたしから言わせてもらえば今、韓国通の間での最新流行はやっぱり、在日を装って焼肉を食う、これだね。

プルコギチョンシク ブタッカムニダ これが通の頼み方。

直訳すると「焼肉定食お願いします」。これ最強。

しかしこれを頼むと次から店員にチョッパリではないかとマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。

素人にはお薦め出来ない。

まあお前ら、素人は、日本で焼肉定食でも食ってなさいってこった」

 「…」

 「…」

 「…」

 「…」

 「…」

 「うう…」

 「う…うああああん、白人の顔したチョパーリが虐めるニダ! もう帰るニダ! アイゴー!」

 「…」

 「…」

 「さて、軽いジャブはこの辺にして本題に入りましょうか」

 「本題?

そうね。いつもいつも最初が長いもんだから見難いわけだし」

 「違います!

ここで問題なのは、補習授業シリーズはウリナラ起源だということです!」

  「……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(゚Д゚)ハァ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 「よろしいですか?

日本人が作ったと思われているものはほとんどが半島製なのです。

それは日本のWebサイトでさえも例外ではありません。

日本の文化はすべて、優秀な半島の英雄が阿呆な極東の島国に教えてあげたのですよ。

日本人は感謝しる!

 「ふ、ふふふ・・・

どうよ? この香ばしい毒電波は・・・?」

 「むぅ・・・韓国名物「ウリナラ起源」

すべての起源は半島にある。ゆえに世界の文化、特に日本の文化はすべて半島起源だとほざく朝鮮民族の現代病。

話には聞いていたが、まさか当事者になるとは思いもしなかったぜ。

だいたい韓国人があんなもんをパクって何の意味があるんだ?

金が入るわけでもあるまいに…

何が楽しいのか理解が苦しむぞ。マジで」

 「うーん、やっぱ日本人キャラがいないのが問題かしら?

ムラサキちゃん  でも呼ぶ?」

 「呼ぶのはかまわんが、在日認定されて御終いのような気がするな…」

 「そこのボーイ&ガール!

さっきから聞いていれば半島は電波だの、半島人は頭がおかしいだの。

根拠なき誹謗中傷は見過ごすワケにはいきません」

 「根拠なき誹謗中傷ねぇ…

じゃあ根拠があれば問題ないのね?」

 

 参考資料:朝鮮日報 2002/10/09
(アドレス ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2002/10/09/20021009000038.html

「火病が在日韓国人社会で流行中」
韓国人特有の精神疾患である
火病(ファッピョン不安症、うつ病、身体化症状などが複合的に現れる疾患)” が在日韓国人社会で流行している主張が出ている。 今年8月から1年間の予定で、延世(ヨンセ)大学・医学部で“火病”を研究している在日韓国人3世の精神科専門医の李チャンホ(34)さんは9日、「90 年代以降、留学や就職、結婚などのために日本で生活している10万人あまりの韓国人の中で火病を訴える人が多い」とし、「日本の精神医学界はこれを説明す ることができず、うつ病などと誤診している」とした。 李さんは、韓国人は自分の感情に正直であるのに対し、日本人は感情を殺すことを社会的な美徳とする風土が在日韓国人に“火病”をもたらしていると指摘し た。 李さんは「はっきりと自己表現をする最近の韓国女性は火病より拒食症などの現代的な精神疾患に苛まれているが、在日韓国人には依然、火病が多い」とした。 火病は50〜60代の韓国人女性によく現れる症状で、96年、米国の精神科協会はこの疾患を“Hwapyung”と英文表記し、韓国人の精神疾患として公 認した。胸が苦しく、火傷をしたような痛みと共に、呼吸混乱、消化不良、手足の痺れなどが主な症状だ。 李さんは96年、山形医大を卒業し、99年、東京の東邦大学で精神科の専門医過程を終えた後、この大学病院の精神科医として勤務している。

※ どうやら『火病』の発音は「ファビョン」ではなく「ファッピョン」が正しいようである。

 参考資料: 東亜日報 2003/2/10
 (韓国人の)20歳の男性の45%が対人関係障害の可能性
この数値は、米国やヨーロッパなど先進国の平均11〜18%に比べて、2.5〜4倍に達する。
研究チームによると、人格障害は自分の性格に問題があることに気づきにくく、家庭や社会生活、対人関係に支障があり、周りの人々を苦しめるという特徴がある。
また、
自分の問題を他人や社会のせいにし、極端な反応を示す。
そのため、各種の犯罪や社会的葛藤を引き起こす原因になりやすく、早急に対策を立てなければならないが、社会的な認識程度が低く、適切な診断と治療が行われていない。
柳教授は、このように潜在人格障害者の比率が高いことについて、「社会的価値観が混乱している中、家庭教育の不在が『
人格未成熟の成人』を量産している」と説明した。

 参考資料: 朝鮮日報 2001/11/5(木)
 高麗(コリョ)大学生の半分以上(51.4%)が「
今度生まれてくるとしたら、韓国に生まれたくない」と思っていることが分かった。反面、フランスの学生は80%が、ロシアの学生は78.6%、カナダの学生は75.9%が「今度生まれてきても、母国に生まれたい」と答えた。

 参考資料: 朝鮮日報 2003/4/14(月)
 国立保健院は14日、3月末現在で国内のAIDS感染者数が2122人を記録し、昨年末に比べ115人増えたと明らかにした。(略)感染者のうち、感染ルートが確認されたのは1656人で、うちの20.4%は国外異性と、47.0%は国内異性、
30.1%は同性との性接触によってそれぞれ感染されたと調査された。

 参考資料: 朝鮮日報 2003/4/15
 
韓国の男性会社員の40.5%は週1回以上「暴飲」し、7.3%はほとんど毎日「暴飲」していることが調査の結果分かった。暴飲とは世界保健機関(WHO)の「アルコール乱用・中毒診断基準」に従い、1度の飲酒にソジュ(韓国の焼酎)またはビール4本以上を飲むことを指す。

 参考資料: 朝鮮日報 2003/2/13
偽証とは民・刑事および行政訴訟などで、事実を明らかにするために裁判に出頭した証人が嘘をつくこと。
(略)特に、
偽証自体がほとんどないに日本とは統計だけでもはっきりとその違いが分かる。 2000年の場合、韓国で偽証罪で起訴された人が1198人であることに比べ日本は5人だった。韓国と日本の人口の差を考慮した場合、国内の偽証が日本の671倍に達するというのが最高検察庁の分析だ。

※ 668…670…67…パリーン! す、スカウターが…!?

 

 参考資料: Joins.com(株) (=中央日報の子会社)
「入養院」に預けられる赤ちゃんは毎年4000人。このうち1700余人は国内の家庭などに引き受けられるが、
残りの2300人は国を離れて海外へ向かう

 

 参考資料: 朝鮮日報 2002/12/6(金) 
駐韓オーストラリア大使館の朴英淑(パク・ヨンスク/47)文化広報室長へのインタビュー
 「捨てられた子供たちを孤児院に送らず、家庭で育てる『里親運動』を始めた時、各界の関係者が『素晴らしい趣旨』と賛成しました。協力者も顧問団、諮問委員団、広報実行委員など100人を超えました。でも、
結局、名前を登録しただけで終わりでした

実際に援助を受けたことはありません。ほとんど人が後援金を一銭も寄付しませんでした。協会を設立してから8年間、1人で死に物狂いになって頑張りました。毎月、給料と印税による収入などをすべてここに注ぎ込みましたが、1人でできることではありませんでした」

朴さんは涙まみれの顔で「最初から韓国社会でこのような事を始めたのが間違いだったのでしょうか」とつぶやいた。

※ 間違いです。

 参考資料:2002/10/18
 90年代半ば以後、
韓国に売られ性の奴隷と化したロシア、フィリピン出身の女性が5千人以上に達しており、京畿道(キョンギド)米軍基地村の風俗業界に従事する外国人女性が1999年の38%から昨年は75%に増えたという民間報告が相次いでいる。にもかかわらず、手をこまぬいていた政府の無関心が、国際的な恥を自ら招いたといえよう

 売買春は厳然たる不法行為である。しかし、韓国社会では必要悪という認識もあり、見せ掛けだけの取り締まりが行われてきたのが事実だ。

 参考資料:Japanese JoongAngIlbo 2003.02.06 15:22
(アドレス:ttp://japanese.joins.com/html/2003/0206/20030206152238400.html)
「買春売春市場の規模、年間26兆ウォン」
政府が行った調査のまとめによると、韓国の買春売春産業は年間26兆ウォン(約2兆6000億円)台の規模であり、買春売買産業の専業女性がおよそ26万 人にのぼる。 今回の調査は、政府が行った初の買春売春産業調査報告であり、民間団体まで含ませたケースとしても全国規模で行われた初の実態調査となる。 26兆ウォンにのぼる買春売買産業の規模は、
2001年の国内総生産(GDP)545兆ウォン(約55兆円)に比べるとき、その5%にあたる。 また、専業女性数およそ26万人は、満20歳から34歳までの女性(2002年、統計庁)人口の4%にのぼる。 女性部は、韓国刑事政策研究院に依頼し昨年1年間にわたって、ソウル、釜山(プサン)、大邱(テグ)など大都市と邑・面(ウッブ、ミョン=韓国地方の行政 単位)地域の総5600の業者を対象に面接調査を行った。女性部は7日、同報告内容に基づき関連女性団体らとともに「韓国の買春売春市場の規模と現況」と の政策討論会を開く計画だ。

※ 韓国では売春業は国を支える礎である。こんな国が「日本人にレイプされたニダ!アイゴー!」とか言っても説得力がないと思うのは筆者だけだろうか?

 

 参考資料:中央日報 2002.11.22 11:57
韓国の中高生の90%以上が「韓国は腐敗国家」という認識を抱いており、青少年の「腐敗」に対する倫理意識が憂慮されるほど深刻な水準であることが調査で分かった。

(略)また「自分の腐敗に対する倫理意識」では、回答者の47.3%が「見ている人がいなければ法秩序を守る必要はない」と答えたほ か、「お金で問題を解決できるなら喜んでそうする」(27.3%)、「不正腐敗を目撃しても自分に不利益になるなら知らないふりをする」(35%)「自分 と親せきの腐敗は黙認する」(27.2%)「懲役10年を受けても10億ウォン(約1億円)を稼げるなら不正行為をする」(16.8%)という結果となっ た。

 

 参考資料:朝鮮日報 2001.11.04(木)19:24
韓国の20〜30代で、社会人の相当数は「移民」を積極的に考えていることがわかった。社会人のポータルサイト「サラリーマン(www.sman.co.kr)」が10月下旬に917人の20〜30代社会人を対象に実施したインターネット調査の結果、810人(88%)が「韓国を離れて生活したい」と回答した。その行き先としてはカナダが276人(30%)で最も多く、次はオーストラリア(29%)、欧州(15%)、米国(8%)、日本(3%)な どとなっている。韓国の社会人が移民したいと考える理由は何か。韓国教育開発院が今年3月、コリア・リサーチ社と共同で実施した世論調査では、「子女教育 のため」(33.3%)と「韓国社会に対する不安」(31.2%)だった。また、「社会における行き過ぎた競争風土が嫌い」(16.8%)、「新しく就 職・事業のため」(12.6%)などが上げられている。社会人だけでなく、韓国の全国民も移民を肯定的にみているようだ。第一(チェイル)企画が今年5 月、全国の成人男女3500人を対象に実施したライフ・スタイルに関する世論調査によれば、「外国に移民しても構わない」と答えたものが52%を記録、昨 年の47%より5%ほど増加している。これは、1996年の調査結果である39%と比べると13%増加しており、97年のIMF危機以降、韓国人の「脱韓 国」の傾向が反映されている。

※ 日本には来ないでください。治安が悪くなります。

 参考資料:Japanese JoongAngIlbo 2002.04.19 17:42
(アドレス ttp://japanese.joins.com/php/article.php?sv=jnews&src=soci&cont=soci0&aid=20020419174232400)
タイ・マスコミ「韓国に絶対行くな」と報道
タイのテレビ放送局の報道局幹部と家族が韓国旅行のため仁川(インチョン)空港で入国審査を受ける途中、違法入国者と疑い をかけられ、入国を拒否されて戻ってきた事件が、タイ新聞に大々的に報道され、韓国のイメージが大きなダメージを受けている。さらに、タイのタクシン・チ ナワット首相の家族が所有するiTVの経済部編集長、ナパ・シンプラシ(女、40)氏が侮辱的な取り扱いをされたと伝えられ、韓国に対する憤怒をあらわに している。 タイの有力紙らは、最近、ナパ氏が先の5日、夫、しゅうと、義理の姉妹など家族5人とともにタイ旅行会社を通じて韓国を訪れたが、仁川空港で入国を拒否さ れ、侮辱的な待遇を受けて戻ってきたという記事を一斉に報じ「韓国に絶対行くな」と警告した。ナパ氏は、出入国管理事務所の職員から「あなたの夫と家族は 帰国し、あなただけ入国するのはどうか」という皮肉ったことを言われ、パスポートを押収されたタイ人らが抗議したら「Shut Mouth(黙れ)」など と、ひどいことを言われたと主張している。ナパ氏は出入国管理事務所の職員に外国人観光客に無礼な行動をする理由を尋ねたが、職員の英語が下手で通じず、 職員がほっぺたを殴ろうとするふりまでしたと主張した。タイ人らが、韓国入りを拒否されたり空港で侮辱的な待遇を受けるケースは頻繁に生じていて、数回に わたってタイのマスコミに事件が報道されており、バンコク駐在韓国大使館と観光公社に抗議するなど問題になってきた。昨年韓国を訪問したタイ人はおよそ7 万人に上るが、そのうち約3000人が入国を拒否されたものと伝えられている。

 参考資料:Japanese JoongAngIlbo 2003.09.02 19:44
(アドレス:ttp://japanese.joins.com/html/2003/0902/20030902194417400.html)
ニューヨーク都心で「ハングル看板」論争
ニューヨーク市クイーンズのフラッシングは、代表的な韓国人商圏地域だ。 数年前から中国系が相次いで同地域のビルを買収しているため、韓国人は守勢に回っているが、いまでも同胞の生活のにおいが染みついた場所である。最近ここ にあるコールタクシー会社が大型看板を取り付けた。「〇〇コールタクシー」という会社名と電話番号が大きな文字で書かれている。 しかしこれが地域住民の摩擦を引き起こした。「ハングルだけで書かれた広告看板を掲げるのか」「意味がわからない、目障りだ」などの不満が提起されたの だ。一部の住民の不平を現地の米国新聞が記事で取り上げ、波紋は広がった。外国語だけで表記された広告看板は規定違反ではない。 しかし現地の新聞が住民の言葉を借りながら「不法営業のにおいがする」というふうに表現して世論をあおり、ニューヨーク市が調査班を出したりもした。 ある同胞は「この地域をアジア民族が握っているという現実に不満を持つ人が多いようだ」と語った。 今回のハングル看板論争には、韓国人社会に対する白人の感情が相当混ざっている。 米国に来ても米国式に生活しない、という不満のようだ。
米国人は、韓国人は金儲けと子供の教育に必死で、地域社会に対する奉仕など米国的な価値からは依然かけ離れていると不満を表している。 韓 しかし正確には交流しないのではない。 高い言語障壁などで交流できないという方が正しい。 米国の地で少数民族が避けて通れないことのように感じられる。

 

 参考資料:Japanese JoongAngIlbo 2002.04.05 22:06
(アドレス:ttp://japanese.joins.com/php/article.php?sv=jnews&src=opi&cont=opi0&aid=20020405220642100)
属地主義を採択している米国籍法を悪用し妊娠末期に旅行客を装って米国に渡り、子供を産む人が増えていると いう報道は、韓国国民の自負心を傷つけている。韓国国民の中でごく少数に過ぎないが、彼らの行動が社会全般に及ぼす影響を考えると、これは決して軽く評価 する問題ではない。生まれる子供に米国の市民権を「保障」するため遠征出産をする人が出てきたのは、5年前からだった。こういう逸脱された一部階層の行為 は、毎年次第に増加し、今はロサンゼルス、ニューヨーク、ハワイなど米国ビザが必要な本土だけでなく、15日間ノービザで入国できる米国領のグアム島に達 するまで、遠征出産部隊が集中しているという。英語ができない妊婦のため、韓国語通訳までおいた米国病院もあるという。言うまでもなく、遠征出産の核心は 国防の義務に対する免責と早期留学時の低廉な学費という当事者の利得と、後で父母を招請できるということからだ。米国籍と韓国国籍に巧妙に二股をかけて利 益を得るという利己主義だ。米国籍法が採択している属地主義は、短期滞在の際に生まれた子供に対する配慮だ。敢えて米国市民になりたいなら、移住など正当 な法的手続きにそって地位を獲得するのが望ましいだろう。一部階層の遠征出産は国民としてもたなければならない最低の社会的責務まで無視していることであ り、対外的に韓国国民全体に対する否定的イメージを与えているということを我々は指摘していくべきだ。貧困で疎外された階層の人々も、国家が要求する義務 を果たそうと努力している。ましてや社会的模範にならなければならない富裕層が子供に対して生まれたときから逸脱意識を植えつけるのであれば、韓国社会の 未来は暗くなるしかないだろう。子供を産むために海外旅行に行くという風潮は韓国にしかない、などという話がこれ以上出てはならない。

 

 参考資料:KoreaNavi 2000/11/28
(アドレス: ttp://www.koreanavi.com/news/headline/20001128-11.html)
警察庁が26日までにまとめ発表した資料によると、韓国では9時間4分に1回殺人事件が発生していると いう。これは年初から10月までに全国的な犯罪の発生周期を分析してわかったもの。このほか強盗=1時間36分、婦女暴行=1時間16分、窃盗=3分、暴 力=1分35秒に1回の割合で事件が発生している。96年データの殺人事件=12時間5分などに比べると、発生ペースが軒並み増加している。人口10万人 当たりの犯罪発生件数は、殺人=1.7件、強盗=9.7件、暴力=592.6件で、日本(98年基準)の殺人=1.1件、強盗=2.7件、暴力=5.3件 に比べても比率が高いことがわかる。

※ 韓国人の暴行発生率は日本人の100倍である!!

 参考資料:Japanese JoongAngIlbo 2002.04.18 17:33
(アドレス: ttp://japanese.joins.com/php/article.php?sv=jnews&src=soci&cont=soci0&aid=20020418173317400)
既婚女性の43%、人工妊娠中絶を経験
配偶者のいる15歳から49歳の女性の43%が、人工妊娠中絶の経験を持っていることが、調査により分かった。韓国精神文化研究院のウン・ギス教授は18 日、ソウル・プラザホテルで「人工妊娠中絶の予防」(主催、大韓家族保健福祉協会)という懇談会を開き、韓国の人工妊娠中絶実態調査の結果を公開した。年 齢別には、15〜24歳の女性は19%、25〜29歳は20%で比較的低かった。30〜34歳の女性は37%、35〜39歳の女性は49%、40〜44歳 の女性は51.7%、45〜49歳の女性は51.7%などで、年齢が上がるほど人工妊娠中絶の経験が多かった。 1回目の妊娠の時中絶手術を受けた理由は、「婚前妊娠」が最も多かった。

 参考資料:Japanese JoongAngIlbo 2003.03.07
(アドレス: http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2002/03/07/20020307000027.html
女子中学生5人に1人「校内暴力を経験」
 女子中学生が金品奪取、暴力、イジメなどの校内暴力の犠牲になっており、
中学、高校性の10人中8人は校内暴力の現場を見ても、知らないふりをすると いうことが調査の結果分かった。青少年保護委員会(李承姫(イ・スンヒ)委員長)は昨年10〜12月中、ソウル地域の中学、高校生1092人と父兄531 人、教師232人、警察121人などを対象に「青少年暴力の実態」というアンケート調査をした結果、このような結果が出たと7日に明らかにした。このアン ケートによれば、中学、高校生の中で校内暴力の被害を受けた経験のある人は平均11.8%に達した。このうち女子中学生は17.6%と、男子中学生 (15.6%)、実業高校の男子学生(10.9%)、人文高校の男子学生(3.2%)、実業高校の女子学生(1.8%)、人文高校の女子学生(0.9%) に比べ最も高かった。校内暴力を目撃した時、「積極的に助ける」という答えは男子学生が18.4%、女子学生が8.1%に過ぎず、80%以上は被害を受け ることを怖れて知らないふりをすると答えた。校内暴力の場所は、暴力、金品奪取、イジメなどがすべて教室か空き地などで行われており、学校のトイレも暴 力、金品奪取の場所としてよく使用されていると答えた。校内暴力を経験した後、学生は「仕返ししたい」(81.7%・複数応答比率)、「諦め る」(58.0%)、「怖くて学校に行きたくない」(49.1%)、「自殺したい」(28.7%)、「怖くて欠席した」(15.0%)という反応を見せ、 学校暴力による被害が深刻であることを見せている。校内暴力の被害を受けた後、学生の60.5%は友人・先輩(22.8%)、家族・親戚(15.8%)、 教師(6.1%)などに助けを求めたが、結果は助けてもらった(36.2%)、曖昧なまま(23.5%)、仕返し(20.6%)、問題悪化(19.6%) などだった。校内暴力の被害経験は1〜2回が73%と最も多く、イジメの場合も1〜2回が50%と最も多かった。校内暴力の加害経験があるという答えも 9.7%にもなった。

 

 

 

 「・・・なんだこれ?」

 「何って、事実を並べただけでしょ。

韓国が行った自国の調査結果をね。

数字って残酷よね。

いくら言葉で誤魔化そうとしても」

 「ひどいですルクスさん! こんな悪意と偏見に満ちたプロパガンダをネットで垂れ流すなんて…!

あなたにはアジア的優しさが足りません!」

 「そんなこと言われても俺たちはアジア人じゃねぇし」

 「『アジア的優しさ』とはまたアカ臭い言葉ね。

読者のPCがアカ臭くなったらどうする気よ?

ヨーロッパから垂れ流されたクソがユーラシア大陸の端で濃縮されているというか、まぁそんな感じ?

ベトナムが地獄なら朝鮮半島は便所といったところかしら」

 「そのネタ。徴兵制度であったな」

 「だって実際に便所だし」

 「便所だなんでひどいです!ぷんぷん!

これのどこが便所なんですか! 韓国は日本と同じくらいの先進国なんですよ!」

 

 

 「どーです!

上の2枚は韓国の首都ソウルの写真です。

右の写真に写っているのはワールドカップで使われたスタジアムですよ。

見てください、この発展ぶり!

21世紀のアジアの主役は韓国こそがふさわしいのです!」

 「ふぅ・・・こーいう写真に騙された人間が世界中で何人いるのかしらね…?」

 「それはどーいう意味ですか!

あんまりひどいことばかり言っていると謝罪と賠償を―――」

 「リューシーさん。韓国が先進国だってんならこれはどう説明するんだ?」

 

 ここで拾ってきたソウルのスラム街(2003年3月下旬)の写真だが、これは免疫のない人間が見たらショックを受けるぞ。

なんだこれは?」

 「ああこれですか。ジャッキー・チェンの「ポリス・ストーリー/香港警察」のロケで使われた有名な場所ですよ。

それが何か?」

 「ま、マジで!?」

 「んなワケないでしょ。簡単に騙されるんじゃないわよ」

 「ちっ…」

 「…危なかった。もう少しで騙されるところだったぜ。」

 「で、リューシーさん。こっちはどう言い訳するのかしら?」

 

 

 「”自称”先進国の韓国の首都ソウルのスラム街では今だにコレラが流行るそうだが、無理もねぇ。

在日朝鮮人が、どうして朝鮮半島の祖国に帰りたくないのか理解できたよ。

ったく。これのどこが先進国なんだか…」

 「なんつーか。銀河鉄道999とか昔のSFで出たような風景よね。

道徳無き資本主義が生み出した貧富の差ってヤツ?

これじゃ赤化統一にあこがれる連中がいるのも無理ないわ」

 「赤化統一なんてしたら悪化するだけだろ。

しっかし、北も南も変わらんな。

北は共産主義国家だからまだわかる。

だが、南は一応は自由主義陣営だぞ。

なのにこれか?

北よりも南のほうが理解不能だぜ」

 「…困りましたね。

最近はインターネット上で韓国に対する根拠なき誹謗中傷が凄いことになってますが…」

 「だから韓国の新聞っていうこれ以上ないソースを出したじゃないの」

 「それは日本の右翼・ファシスト・ネオナチの類が意図的に流した偽情報ですよ。

だからルクスさんがいくら韓国の新聞をソースにしてもそんなものはソースにならないのです。

いいですか?

韓国に否定的な記事はソースにならない。

これは韓国ネチズンの間では常識です」

 「言ってることがムチャクチャよ。あんた」

 「仕方ありませんね。

あなたたちには朝鮮半島が地上の楽園であることをたっぷり教えてあげましょう。

韓国が誇る五千年の栄光の歴史をわかってもらえればきっと韓国が好きになります」

 「…違う意味で大好きな人が増えるような気がする…」

 「はいはい。んじゃ長いから続きは次回ね」


次回へ続く

Kの国TOPへ戻る

戻る