☆日露コンテンツ ソフィア先生の日露戦争その6予告編☆

 「ふふふ・・・ついに私の時代がやってきました!」

 「って単に予告編をやるだけでしょ・・・」

 「何を言ってるんですか!これは私が主役になる第一歩に間違いありません!!

 「はいはい・・・それで?」

 「・・・え?」

 「・・・何やってるのよ?早く進めなさいよ・・・」

 「・・・」

 「次回は旅順の第一次総攻撃から演劇方式でやるから、その配役を発表するんじゃないの?」

 「おお!そうでした!」

 「そうでしたっておぃ!

 「細かいことはケンチャナヨ〜それではどうぞ〜

 

 「おお〜これだけ揃うとすごい豪華ね〜でも本家未使用キャラもいるみたいだけど、大丈夫なのかしらね〜」

 「・・・」

 「・・・どうしたの?」

 「な、なんですか私の役は!私にこんな役をやらせるなんて差別です!偏見です!」

 「そんなこと言ったら、他の人からだって不平不満が出るでしょ?我慢しなさいよ」

 「・・・変わってください」

 「なんでよ?あなたにぴったりのハマり役だと思うけど?」

 「アイゴー!これは陰謀です!謝罪と賠償を要求します〜!!

 「細かいことはケンチャナヨ〜じゃなかったの?」

 「それとこれとは話が別です!!

 「早めに作者に言えば別の役もらえるかもよ〜一般兵士Bとか」

 「そんな新人の声優みたいな役はイヤです!なんで一般兵士Aじゃないんですか!」

 「そっちならいいんかい・・・」

 「作者に異議申し立てしてきます!」

 「あぁ〜行っちゃった・・・無理だと思うけどね〜

あ、司会進行はティルさんとクララちゃんだって〜みんな期待してて待っててね〜それじゃあSee you again bye bye 〜♪

次回へ続く


戻る
アクセス解析