☆涼宮ハルヒの本を紹介するページ☆

第8回スニーカー大賞〈大賞〉受賞作、登場!
校内一の変人・涼宮ハルヒが結成したSOS団(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団)。ただ者でない団員を従えた彼女には、本人も知らない重大な秘密があった!?第8回スニーカー大賞〈大賞〉受賞作登場!

ちょっと読んでみる>>
宇宙人未来人超能力者と一緒に遊ぶのが目的という、正体不明な謎の団体SOS団を率いる涼宮ハルヒの目下の関心事は文化祭が楽しくないことらしい。行事を楽しくしたい心意気は大いに結構だが、なにも俺たちが映画を撮らなくてもいいんじゃないか?ハルヒが何かを言い出すたびに、周りの宇宙人未来人超能力者が苦労するんだけどな―スニーカー大賞“大賞”を受賞したビミョーに非日常系学園ストーリー、圧倒的人気で第2弾登場。
ハルヒと出会ってから俺はすっかり忘れた言葉だが、あいつの辞書にはいまだに“退屈”という文字が光り輝いているようだ。その証拠に俺たちSOS団はハルヒの号令のもと、草野球チームを結成し、七夕祭りに一喜一憂、失踪者の捜索に熱中したかと思えば、わざわざ孤島に出向いて殺人事件に巻き込まれてみたりして。まったく、どれだけ暴れればあいつの気が済むのか想像したくもないね…。非日常系学園ストーリー、天下御免の第3巻。

ちょっと読んでみる>>
「涼宮ハルヒ?それ誰?」って、国木田よ、そう思いたくなる気持ちは解らんでもないが、そんなに真顔で言うことはないだろう。だが他のやつらもハルヒなんか最初からいなかったような口ぶりだ。混乱する俺に追い打ちをかけるようにニコニコ笑顔で教室に現れた女は、俺を殺そうとし、消失したはずの委員長・朝倉涼子だった!どうやら俺はちっとも笑えない状況におかれてしまったらしいな。大人気シリーズ第4巻、驚愕のスタート。

ちょっと読んでみる>>
夏休みに山ほど遊びイベントを設定しようとも、宿敵コンピ研が持ちかけてきた無理無茶無謀な対決に挑もうとも、ハルヒはそれが自身の暴走ゆえとはこれっぽっちも思っていないことは明白だが、いくらなんでもSOS団全員が雪山で遭難している状況を暴走と言わずしてなんと言おう。こんなときに頼りになる長門が熱で倒れちまって、SOS団発足以来、最大の危機なんじゃないのか、これ!?非日常系学園ストーリー、絶好調の第5巻。

ちょっと読んでみる>>
幻にしておきたかった自主映画だとか突然のヒトメボレ告白、雪山で上演された古泉渾身の推理劇や朝比奈さんとの秘密のデート。SOS団を巻き込んで起こる面白イベントを気持ちいいくらいに楽しんでいる涼宮ハルヒが動揺なぞしてる姿は想像できないだろうが、文化祭のハプニングであいつが心を揺らめかせていたのは確かなことで、それは俺だけが知っているハルヒの顔だったのかもな―。お待ちかね「涼宮ハルヒ」シリーズ第6弾。

ちょっと読んでみる>>
年末から気にしていた懸案イベントも無事こなし、残りわずかな高一生活をのんびりと楽しめるかと思いきや、ハルヒがやけにおとなしいのが気に入らない。こんなときには必ず何かが起こる予感のそのままに、俺の前に現れたのは8日後の未来から来たという朝比奈さんだった。しかも、事情を全く知らない彼女をこの時間に送り出したのは、なんと俺だというのだ。未来の俺よ、いったい何を企んでいるんだ!?大人気シリーズ怒涛の第7弾。
涼宮ハルヒが暇を持て余してたらそれこそ天地が逆になる騒ぎだろうが、むやみに目を輝かせてるのも困った状況ではある。それというのも生徒会長なるお方が、生徒会はSOS団の存在自体を認めないなどと言い出しやがったからで、意外な強敵の出現にやおら腕章を付け替えたハルヒ“編集長”の号令一下、俺たちSOS団の面々はなぜか文集の原稿執筆などという苦行の真っ最中なわけだ。天上天下唯我独占「涼宮ハルヒ」シリーズ第8弾。
ライトノベルの先頭で暴走する大人気シリーズ第9弾! 春の訪れと共にSOS団全員が無事進級できたことは、何事もありすぎた一年間を 振り返ってみると感慨深いとしか言いようがないのだが、俺は思ってもみなかったよ。 春休みの些細な出会いがあんな事件になろうとはね。
涼宮ハルヒの驚愕
涼宮ハルヒの驚愕
posted with amazlet on 07.03.15
谷川 流 いとう のいぢ
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-05-25)
売り上げランキング: 1
前編
長門が寝込んでいるだと? 原因は宇宙人別バージョンの女らしいが、どうやらSOS団もどきのあの連中は俺に敵認定されたいらしい。やれやれ、勘違いされているようだが、俺もいい加減頭に来ているんだぜ?
後編
ハルヒによるSOS団入団試験を突破する一年生がいたとは驚きだが、雑用係を押しつける相手ができたのは喜ばしいことこの上ないね。なのに、あの出会い以来、佐々木が現れないことが妙にひっかるのはなぜなんだ?
■涼宮ハルヒのコミック■

アニメ化決定のハルヒが漫画でも大暴れ! 宇宙人、未来人、超能力者…etc.面白い事なら何でもOKの涼宮ハルヒが次々起こす騒動。何故かそれに巻き込まれてしまう、ごく普通の高校生・キョンの運命や如何に…!? ビミョーに非日常系学園ストーリー登場!
TVアニメーション(U局系)も大好評放送中!「涼宮ハルヒの憂鬱」のコミック化第2弾!!謎の集団「SOS団」を結成して、ハルヒの暴走はとどまるところを知らない!…かと思ったら、近頃何だか様子が変。宇宙人も未来人も超能力者も見つからない状況に、・・・
 ハルヒの快進撃は、まだまだ止まらないっ! SOS団なる謎の集団を勝手に結成した涼宮ハルヒの暴走はまだまだ止まらない。《閉鎖空間》発生による世界消滅の危機が回避されたのも束の間、今度は草野球大会に出場してSOS団の名を広めようとするのだが…。
七夕の憂鬱はどこへやら、ハルヒの暴走はさらに加速! ある日、SOS団に舞い込んだ人捜しの依頼に、ハルヒはやる気モード全開!だがその失踪事件は、ハルヒの作ったSOS団のエンブレムマークが原因だったらしく…
夏休みを1万回以上ループして、ようやく二学期になったと思ったら体育祭・文化祭とイベントが目白押し。お祭り好きのハルヒがもちろん黙っているわけがない!?コミック版オリジナルエピソードも収録!
文化祭でSOS団の自主制作映画を作ることにした「超監督」涼宮ハルヒ。だが撮影を進めるうちに、みくるちゃんの目からビームが出たり、秋なのに桜が咲いたり、一体どういうこと!?
事件は「12月18日」に起きた。キョンがいつも通り登校すると、そこにハルヒの姿はなくクラスメイトの記憶からもハルヒが消え去っていた。ハルヒは一体どこに消えてしまったのか!?待望の「消失」編、スタート!
ライトノベルの先頭で暴走する大人気シリーズ第9弾! 春の訪れと共にSOS団全員が無事進級できたことは、何事もありすぎた一年間を 振り返ってみると感慨深いとしか言いようがないのだが、俺は思ってもみなかったよ。 春休みの些細な出会いがあんな事件になろうとはね。
12月18日を境に一変してしまった世界。元の世界の“三年前の七夕”に時間跳躍をしたキョンは、過去の長門から今回の事件の真相を聞かされる。世界を改変させた真の犯人とは…?「消失」編、感動のクライマックス
年の瀬の冬休み、突然かかってきた電話はキョンの中学時代の友人だった。どうやら彼は、長門にヒトメボレをしてしまったらしいのだが…。「ヒトメボレLOVE」「雪山症候群」を収録。大晦日まで全力疾走の第10巻!
謎の館に避難したSOS団。誰も状況把握ができない中、長門が倒れ、入り口は方程式が記された金属パネルで閉ざされて…。「雪山症候群」完結編と、「猫はどこに行った?」など人気の冬合宿編を収録した第11巻!
いつもとは様子が違ってアンニュイなみくる。そんな彼女に誘われ、キョンはふたりきりで出かけることに!?「朝比奈みくるの憂鬱」と、人気の「消失編」続編など、コミック版オリジナルエピソードも収録した最新刊!
超ハイテンションのハルヒ編集長の下、くじびきによる執筆担当ジャンルが決定した。しかし、なんとキョンは恋愛小説を書くことになり…!?「編集長★一直線!」完結編と「涼宮ハルヒの陰謀」などを収録した第13巻
突如、現れた八日後の未来からやってきたと言うみくる。しかも時間跳躍の目的を知らない彼女を現時点に送り出したのはキョンだったらしくて…!?キョンの混乱が続く「涼宮ハルヒの陰謀」を収録した第14巻!