ROBOT魂<SIDE AS?> ボン太くん


☆フルメタルパニックとは☆

フルメタル・パニック ! DVD-BOX 1 (初回限定生産)
軍事組織ミスリルのSRTに所属する相楽宗介は極秘任務を行うことになった。彼女の高校へ転入生として潜入し、「千鳥かなめ」のボディガードだった。宗介は任務を果たそうとするが、戦地という極限状態が普通になっていた宗介にとっては、平和な日本の生活こそが最大の敵だった?!そんな中、陣代高校の修学旅行中に飛行機がテロリストに乗っとられてしまう。彼らテロリストの目的はウィスパードであるかなめであった。テロリストの中には宗介が過去に対峙したガウルンがおり、彼の搭乗するアームスレイブに苦戦を強いられる宗介たち。そこに本隊から支援として届いた一体のAS・アーバレストが届く。しかし、性能を生かしきれず苦戦する宗介。その時、かなめがウィスパードとして覚醒する。

関連リンク
フルメタルパニック公式サイト
フルメタル・パニック! The Second RaidWOWOW
フルメタル・パニック! - Wikipedia

フルメタルパニックをgoogleで調べる
フルメタルパニックをyahooで調べる

amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
7&Yで詳細を見る icon
TUTAYAで詳細を見る icon
DMMで詳細を見る
bk1で詳細を見る
キャラアニで詳細を見る


その他リンク


アニメソングリンクス
ネットの本屋さんリンク
ネットのおもちゃ屋さんリンク















 

■フルメタルパニックの原作■

■長編

陣代高校の平和は、たったひとりの転校生の訪れとともに終わった。うなる弾丸、飛び散る薬莢、鞄にギッチリ銃器類。出てくる言葉は「キケンだ。ふせろっ!」。そう、やってきた転校生、相良宗介は、拳銃持った大ボケ君だった!彼の脳に“平和”の文字はない。勘違いで校内狙撃、思い込みで路上爆破―ケタ違いの常識外れ宗介。だがしかし!戦争ボケとは仮の姿。その実体は…世界最強の武装集団『ミスリル』のエリート戦士、相良軍曹だったのである!KGBの魔の手から、美少女・千鳥かなめを守るため、今日も相良軍曹は校内で銃を撃つ!ごく普通の女子高生かなめに隠された壮大な秘密をめぐり、今、ボケと涙と感動の戦いが始まった!!巨大スケールで描くSFアクション・コメディ、堂々見参。
雨雲を貫く爆発音!千鳥かなめ誘拐事件から2か月―平穏を取り戻した相良宗介は、ごく日常的な爆破活動にいそしんでいた。狙撃、罠、そして爆破。だが、宗介が宗介なりの平和を享受していたそのとき、新たなる強敵は密やかに彼の背後に忍び寄っていた!『ミスリル』の美少女艦長テッサを追って、東京壊滅を謀るテログループが宗介たちに襲いかかったのだ!邪悪な計画を阻止するため、宗介とかなめは共に夜の東京を疾り抜ける!!最先端技術を搭載した敵機―「悪魔」と恐れられる超兵器がその全貌を明らかにするとき、この街は炎に包まれてしまうのか!?
うだるような夏。ちょっとした冒険もなく、ロマンスもなく、ひたすら生徒会の雑務に追われる千鳥かなめの夏休みは、そのひと言で激変した。「ふたりだけで、南の島へ行こう」世界最強の戦争ボケ男・相良宗介らしからぬ突然の誘い!戸惑いながらもかなめはときめきを隠せない。だが、それは甘酸っぱいひと夏の出来事であるわけもなく、命がけのスリルと恐怖への特急券であったのだ!危険な化学兵器解体所を襲った“猛毒”と呼ばれる朱い鋼鉄の悪魔が、宗介とかなめを追いつめていく!テロ事件の裏に潜む巨大な陰謀!そしてふたりに、残忍な殺人鬼は迫っていた!!お待たせっ!超人気シリーズ、ファン待望の書き下ろし長編。
「危険だ、車爆弾だ!」。“ダナン”シージャック事件の悪夢も覚めやらぬ秋の日、相良宗介の危機回避衝動はさらなる高まりをみせていた。教師の車を完膚なきまでに分解、大破。そんな、宗介の的を外した警戒は、決して杞憂に終わりはしなかった。“ダナン”を危地に陥れた裏切り者を追って、シチリアを訪れたクルツとマオ。だが、裏切り者を拘束するため、シシリー・マフィアの屋敷に潜入した彼らをASが襲う!辛くも、援護に向かった宗介と合流した彼らは、最新鋭機M‐9に酷似した正体不明のASを目撃!敵か?味方か?謎のASへの疑惑を抱える宗介たちに、意外な事実が明かされようとしていた!!大好評SFアクション・シリーズ。宗介&かなめ、不動の爆弾コンビにふりかかる悲劇の予感。
密林を、二機のASが駆け抜ける。深い緑に白と黒のコントラストが踊る。メリダ島基地に帰還した宗介に上官クルーゾーがAS戦を挑んだ。白の超兵器アーバレストと漆黒のM9。圧倒的なまでの技術の差。だが、勝負は宗介の完膚なきまでの敗北に終わった。「“存在しない技術”が制御できない!」憤る宗介を挑発するように、さまざまな思惑を秘めテロリストが破壊の行進を開始した!一方、東京。残されたかなめは、正体不明の尾行者の影に怯えていた。気配は、第二の護衛「レイス」か?それとも新たな暗殺者のものか?不安と絶望に蝕まれた彼女の心に、あまりにも危険すぎる決意が生まれようとしていた!宗介とかなめに、試練の時が訪れる。彼らは、ふたたび出会えるのか?
陣代高校の臨時旅行で豪華客船クルーズに参加したかなめ。日程は12月24日。クリスマス・イブで、さらにかなめのバースデイ!この大事な大事な1日に、またもや事件は起きたのだ。旅行にいけない宗介の不在を狙うように、かなめたちの乗る船がテロリストたちによってシー・ジャックされた!しかし、自称“悪逆非道”な覆面テロは、ざんばら髪にへの字口…これって、まさか?もしかして?かなめ&宗介&テッサ―恋の三角関係もますますヒート・アップして、聖なる夜に世にも奇妙なドタバタ騒ぎが幕を開ける!恋と涙とテロが満載!超無軌道アクション・バトル、シリーズ。
「もう無理だと思うよ」その言葉が、まるで呪文であったかのように、宗介の周りのすべてが変わり始めた。宗介の警護をかいくぐり、かなめの部屋に現れたレナード。彼は、かなめを“アマルガム”へと誘い、“ミスリル”全面攻撃を告げた。そして―予告は現実となる。その日、磐石と思えた“ミスリル”が、宗介とかなめの九か月間を見守った街並みが、“アマルガム”の猛攻に震えた。「彼女は、絶対に守る」。絶望的な戦いの中、宗介はただひとり死闘へと向かう。
いつもそばにいた彼女を失った。共に戦った仲間ももういない。相良宗介はただひとり、東南アジアの街ナムサクを訪れた。この街でAS同士の闇闘技会が開催されるという。宗介はバトルに参加するため、弱小チーム『クロスボウ』の操縦士を志願した。整備士兼オーナーのナミや、気のいいフランス人ルポライター、レモンたちとの思いがけない穏やかな時間。だが、平穏の中でも、宗介の闘志は消えはしなかった。あの場所へ。硝煙渦巻く戦場へ、再び宗介は向かう!「大切なものを奪われた。だから俺は絶対に取り戻す」思いを胸に―。今、反撃の狼煙が上がる。
ついに宗介の反撃が開始される! フルメタ待望の長編最新刊! 仏特殊部隊のレモンとともにアメリカへと逃れた宗介は、元海兵隊の古強者コートニーの協力を得て、かなめの奪還を画策するが−−!? 新型機ARX8、ついに登場! 今こそ、反撃の狼煙をあげろ!!
宗介の操縦する新型AS“レーバテイン”の活躍により、ニケーロでの戦闘に勝利した“デ・ダナン”のクルーたちは、各地に散らばる“ミスリル”のメンバーを救出し戦力回復に努めていた―それと並行して、テッサはとある情報の入手を急がせる。“アマルガム”の脅威が去らぬ危機的状況のなかにあって、彼女がそこまで執着するその内容とは?いま、現代の技術水準をはるかに超える“ブラック・テクノロジー”をもたらした“ウィスパード”の真実が明らかにされる!!彼らが誕生した秘密を探るうちに浮かび上がる“世界を変えてしまった事件”の封印された記憶…宗介たちが“はじまりの地”で最大の謎にせまる。
ソ連の秘密都市“ヤムスク11”で明らかになったのは、この世界が『時間災害』によって生まれた歪んだ世界だという衝撃の事実。だが、宗介にとってもっと重大な事態が起こっていた。さまざまな苦難の末に再会したかなめに異変が起きていたのだ。宗介に向け銃を発砲したかなめは、歪んだ世界を元に戻すべく宿敵であるはずのレナードと共に姿を消してしまう。二人の行方は追う宗介たち“ミスリル”の生き残りメンバー。最後の決戦の地は皮肉にもかつての古巣メリダ島。全面核戦争による世界滅亡のカウントダウンが始まる中、最後のミッションがスタートする!SFアクションの金字塔ついにクライマックス。
大きな犠牲を出しながら、ついに飛び立ったフル装備の“レーバテイン”と相良宗介。強力な敵の迎撃部隊を突破し、かなめが待つメリダ島最深部へ着実に近づいていた。だが、新兵器を装備したレナードが駈る“ベリアル”が出現。切り札の“妖精の羽”も破壊されピンチに陥る。一方、核ミサイルの発射を防ぐため、宗介たちとは別行動をとるマオとクルーゾーも、絶望的な状況に陥っていた。全面核戦争による世界滅亡のカウントダウンが始まる中、彼らに起死回生の秘策はあるのか!?そして宗介とかなめが交わした、あの日の約束は永遠に成就しないのか!?SFミリタリーアクションの金字塔ついに完結。
■短編編

「南から来た男」「愛憎のプロパガンダ」「鋼鉄のサマーイリュージョン」「恋人はスペシャリスト」「芸術のハンバーガーヒル」「シンデレラパ二ック」の6話収録の短編集。
ご存じ!戦争バカ高校生・相良宗介と人間ハザード・千鳥かなめの爆弾カップルがおくる、愛と笑いのノンストップ暴力ラブコメ最新刊!大評判の短編5作に、宗介と長編版美形キャラ・クルツの活躍を描いた特別書き下ろしを加えた6作を収録。
暗い夜道はキケンだぽに―。犠牲者続出。正体不明。巷を騒がすナゾの変態痴漢“ぽに男”の毒牙に、ついに千鳥かなめの親友・恭子までが…!この赦されざる女の敵に、かなめは捨て身の(?)囮捜査を決断。一方、彼女の自称護衛・相良宗介は最新鋭かぶりモノ型秘密メカ装備で“ぽに男”に挑む!友に捧げるミッドナイト・バトルのいきつく未来は、笑いかそれとも騒動か?宗介&かなめの激爆コンビが繰り出す爆音、夜の静寂にとどろき渡る!?(『押し売りのフェティッシュ』より)超過激学園ラブコメ、過激の意味がひと味違う大人気シリーズ。衝撃の5作に書き下ろし1作収録の短編集。
サザエが新鮮だったから―。ただ、それだけの理由で、絶滅危惧種の貴重な貝を殺した凶悪犯。残虐な手口で罪なき命を奪った殺貝者を暴くために、相良宗介率いる生徒会特別捜査班が動き出した!むごたらしい犯行現場で、宗介のゲリラ的推理が意外な犯人を追いつめていく!?(『磯の香りのクックロビン』より)人外魔境の戦争バカ・相良宗介が正義の鉄槌をふるい、生まれついてのツッコミ娘・千鳥かなめが危地での潜入捜査に挑む!!激動の学園ミリタリー・コメディ、短編集第4弾!お楽しみ書き下ろし短編では、さかのぼること1年―マオ、クルツ、宗介のウルズチーム結成秘話が明かされる。
バカをもってバカを制す?陣代高校の戦争バカ・相良宗介をしのぐ激裂ヤローが現れた。彼こそは、一子相伝の殺人拳“大導脈流”を継承する使い手、椿一成。そう、宗介もびっくりな人外魔境の格闘バカであった―。千鳥かなめの空手同好会のマネージャー就任(?)をめぐり、情けなくもマヌケな世紀の対決が繰り広げられる!果たして、激闘のすえに立ち上がるのはどっちのバカか!?泣く子も黙る学園ミリタリー・コメディ第5弾!お楽しみの書き下ろしは、「ミスリル」の美少女艦長の平凡なある日を描く『わりとヒマな戦隊長の一日』。これを萌えずして、どーする。
ウイルスがモレモレで陣代高校は大パニック。ちょっとした手違いから、相良宗介が持ち込んだ細菌兵器が、教室で漏洩してしまった!今度こそ、ホントの絶体絶命?降って湧いた大災難―暴徒と化した生徒たちに残された道は!?人間の尊厳を賭けた聖戦が、平和な学園の中で繰り広げられる…かも?(『五時間目のホット・スポット』より)待望のシリーズ最新刊は、テロリズムに警鐘を鳴らす(?)衝撃の短編集だ。「ミスリル」の美少女艦長テッサ大活躍な幻の快作『女神の来日(受難編)』も収録して、今回も大暴走ぅっ。
学園祭のミスコンに、「恋人にしたくないアイドル」の異名をとるかなめがエントリー!しかも審査員団に宗介が!?やっぱりきっぱり嵐の予感!制作中のTVアニメに合わせ、短編集の第7弾が登場!!
戦闘ロボ、ついに覚醒っ!“常識なし”だの“朴念仁”だのといわれつづけたあの相良宗介が、硝煙と破壊の世界に別れを告げた!?熱でも出したか、いつになく人間らしく、女子大生との合コンにチャレンジ。短編集。
神聖ラブーン王国最大の危機を救いし四人の勇者は、薔薇の花びら散る王宮の園に巡り合い、義兄弟の契りを交わした(ラブーン王国年代記)。闇の女王ヨーコ様の魔の手から麗しき乙女シアを救い出すため、勇者立つ!伝説の魔術師ザマ(風間信二)の下に集うは、姿なき野伏セガール(相良宗介)、一騎当千の僧兵バキ(椿一成)、そして可憐な女剣士トイレット・ペーパー(千鳥かなめ)!?いやまぁ。オンラインゲームなんですけどね…。陣代高校からネット世界に舞台を変えて、宗介&かなめが大暴れ!?リアルもバーチャルも手加減なしでバンバン逝きますっ!!「約束のバーチャル」他を収録の短編集。
「思い出したんだ。昔の感覚。俺が持つのはライフルじゃなかったはずなんだ」女好きで、酒好きで、下品なジョークばかりいって。でも、宗介にとっては頼りになる相棒、クルツ。“ミスリル”の休暇で東京へきたクルツが、そこで出会ったのは中学時代にただひとり心を開いた音楽教師だった。彼女との再会―それが遠い昔、夢中になってかき鳴らしたギターの音色をクルツの中に甦らせた。「もしかしたら。まだ戻れるかもしれないから…」彼女のために、クルツは一夜だけのライブを決行するが!?表題作「音程は哀しく、射程は遠く」、テッサの留学話第二弾「女神の来日(温泉編)」など。いつもは“ミスリル”でハードな戦闘を繰り広げるメンバーが、短編集特別編で大活躍。
“彼”と最初に出会ったのは、凍てつく大地のさらに北、大海のただ中だった。おそらく、彼との関係にも偶然以上のなにかが潜んでいるはずだ―。13年前。極寒の海で、壮大なる物語は始まった。“ミスリル”の傭兵・相良宗介と、彼の上官であり父親代わりであったカリーニンとの運命的な出会いが描かれる!宗介のルーツ、日本人であるばずの彼が、なぜアフガンゲリラとなったのか?今まで謎に包まれてきた物語が、明らかになる(「極北からの声」)。“相良宗介”“ミスリル”“ささやかれた者”―『フルメタ』の核となるエピソードを収録。戦うことを畏れる純真な幼子だった、あの日の宗介に会える。