―― 操作の基本 ――
[ 1 ]  鬼畜王ランス
鬼畜王ランスは戦略シュミレーションゲームである。 序章にあたる盗賊時代は略奪活動を行うだけだが、 ランスがリーザス国王になった後は国取りゲームと考えればよい。
戦闘は、攻撃戦と防御戦と決闘とに分類される。 しかし、攻撃や防御という単語は攻撃戦や防御戦の中でも別の意味で使われていてややこしいので、 当ページでは攻撃戦とは書かずに進撃戦と、防御戦とは書かずに防衛戦と書くことにする。
戦闘に参加する部隊を選択するときに、ふつうは最大4部隊まで選択することができるが、 そのうち先に選んだ2つの部隊が前衛に、残りの部隊が後衛ということになる。 後衛に配置された部隊は直接攻撃をすることは出来ないので魔法部隊や弓部隊や砲術部隊や作戦成功率が高い武将の部隊を後衛に置く。 敵からの直接攻撃は全て前衛に配置された部隊に集中するが、 魔法攻撃や弓攻撃は後衛に配置された部隊を狙ってくることもある。
[ 1 ]  攻撃
武器は突撃兵(格闘兵含む)、魔法兵、弓兵(砲術兵含む)の3種類ある。 魔法攻撃や弓攻撃は遠距離攻撃なので、前衛にいて相手前衛にいる部隊に遠距離攻撃をしても反撃を受けない。 しかし、直接攻撃をうけると直接攻撃で対応しようとするのでかなりの痛手を被る。
< 1 >  隊長へのダメージ
部隊長に向けられる攻撃回数は、 『(2×「隊長が受けた攻撃回数」)/「部下の数」』で小数点以下切り下げした数字。 もちろん部隊長だけのときは全ての攻撃が隊長に向かう。 部隊長が倒されると部隊は壊滅する。
< 2 >  戦闘での行動の順番
どんな戦闘でも、敵・味方を問わずに小さい部隊から行動する。 兵数が同数の部隊が両軍にあった場合は味方の軍にいる部隊が先になる。 味方編成内部、もしくは敵編成内部に同じ兵数の部隊があったときには 画面での表示で上に配置されている部隊が先になる。
< 3 >  忍者の援護攻撃
スパイ斎藤さん以外のすべてのリーザス忍者は援護攻撃の素質を持っている。 援護対象部隊が攻撃を仕掛けたときにランダムに援護攻撃が行われる。 かなみはメナドの援護攻撃を、 フレイアはヒューバートの援護攻撃を、 かおるはガンジーの援護攻撃を、 ウィチタはマジックの援護攻撃を担当する。 当然、援護対象部隊と援護する忍者が揃っていないと援護攻撃は出てこない。
ヒューバートへフレイアが数回援護をするとフレイアの夜這いイベントが起きて、 ヒューバートに100の経験値が入る。
また、話が裏技になってしまうが、援護攻撃が出ると、 52番目の部隊で援護した忍者を部隊として1回だけ出撃させることができる。 詳しくはオマケとデバッグの「52番目の、、、」を参照してください。
[ 2 ]  戦闘方法
進撃戦にも防衛戦にも市街戦と平地戦の2つがある。 平地戦では都市の防衛力による部隊の被害の軽減は無いものの、戦闘域が5999まで広がる。 市街戦では戦闘域がその都市ごとに制限されているものの、部隊に被害が出たときに都市防衛力により被害が軽減する。
< 1 >  戦闘域
それぞれの都市によって戦闘域は違っていてこれは都市の地域コマンドで拡大・縮小を行うことが出来ない。 ふつう戦闘域は市街戦だけで考えればよいが、平地戦にも戦闘域があり、これは5999である。
各々の部隊の戦闘域の数だけの兵士が戦闘に参加することができ、はみ出た兵士には必ず部隊長が含まれる。 その部隊が行動する順番になっても戦闘領域に入っていない兵士は攻撃することが出来なく、 その部隊が攻撃されているときには戦闘領域外にいる隊長へのダメージは絶対にありえない。 しかし、このような場合にも隊長が必殺技を出すことはできる。
防衛戦では平地戦か市街戦かのいずれで迎撃するのかを決定することができるが、 進撃戦ではこの選択はコンピューターが行い、そのほとんどはあらかじめ都市ごとに決まっている。
進撃時に戦闘域が狭い市街戦に持ち込まれるのに敵に大きい部隊がいる場合には、 ランスアタックなどの必殺技で敵の大将を殺して部隊壊滅を行う対処法もあるが、 防衛戦で平地戦に持ち込んで大きい部隊を削るという対処法もある。
< 2 >  都市の防衛力
市街戦のときにその都市を守る方の軍だけに作用する。 それぞれの都市によって防衛力は違っていて、都市の地域コマンドで都市の防衛力を上げることができる。
都市の防衛力は防衛側の軍の戦闘効果を向上させる。 戦闘効果が上昇した側の攻撃力・防御力がほんの少し上昇させる。
[ 3 ]  進撃戦
リーザス領に隣接する都市の地域コマンドで「攻撃進軍」を選択して戦闘になると進撃戦となる。 進撃戦になる前にどの部隊を出撃させるのかを選択する。
戦闘方法は防衛側のコンピューターが選択するのでプレイヤーが選択することは出来ない。 大概の進撃戦では、戦闘に参加している全ての部隊を倒さないと進撃先の都市を占領することはできないのだが、 中には任意の1部隊を倒すだけで敵が都市を放棄して撤退することもある。 しかし、撤退をする部隊と都市はリーザス反乱軍やヘルマンの都市の半数と長崎だけである。
進撃戦では、部隊兵士の能力は基本値としての「攻撃力」や「防御力」に「進撃戦攻撃力修正値」と「進撃戦防御力修正値」とが加算される。 アイテムの効果も発揮される。 戦闘中に退却をするとその場で戦闘が中断し、進撃は失敗したことになる。 この場合には攻撃進軍コマンドはまだ使えるが、出撃した部隊は行動済みとなってしまう。
[ 4 ]  防衛戦
他国の軍隊がリーザス領に進撃をかけてきたときに、都市を放棄しないと防衛戦を選ぶことになる。 進撃戦になる前にどの部隊を出撃させるのかを選択してから、 戦闘方法を「市街戦」と「平地戦」とのいずれかから選択する。
戦闘中に退却をするとその場で戦闘が中断し、都市を放棄することになる。 この場合も出撃した部隊は行動済みとなる。
防衛戦では、部隊兵士の能力は基本値としての「攻撃力」や「防御力」に「防御戦攻撃力修正値」と「防御戦防御力修正値」とが加算される。 アイテムの効果も発揮される。
[ 5 ]  迷宮戦
盗賊の迷宮と盗賊団のアジトとサーレン山と緑の里とカラーの森以外では戦闘に出くわすことがある。 巨大戦艦ではホルスが、それ以外の遠隔地ではハニーがザコ敵として登場する。 遠隔地探索には1つの部隊で行くことになり、敵部隊も1回の戦闘で1部隊しか出てこないので、 戦闘時には1部隊同士の戦闘になる。 迷宮戦同様に撤退を行うことはできなく、敵も撤退しないので、 戦闘の時間切れかどちらかの軍が全滅するまで戦わなければならない。
迷宮戦では、部隊兵士の能力は基本値としての「攻撃力」や「防御力」に「迷宮戦攻撃力修正値」と「迷宮戦防御力修正値」とが加算される。 アイテムの効果も発揮される。
戦闘が終わると必ず経験値が1入る。
[ 6 ]  決闘
決闘の大半はイベントの最中などに起こる。 ステータスによる強化や弱体化は行われないが、アイテムの影響は当然受ける。 迷宮戦同様に撤退を行うことはできなく、敵の軍が撤退するか、 戦闘の時間切れかどちらかの軍が全滅するまで戦わなければならない。
[ 7 ]  力の漲り
一定の組み合わせで出撃すると、その戦闘で力の漲ったキャラが潜在の能力を出して頑張って戦う。 一回の戦闘で、力の漲りは複数種類でも起こる。 例えば、ランスとシィルとソウルとバウンドで出撃した時には全員漲っている。
ランス シィル ランス と  シィル の力が漲る
ランス ソウル ソウル  の力が漲る
バウンド ソウル バウンド  の力が漲る
レイラ リック レイラ  の力が漲る
バレス ハウレーン バレス  の力が漲る
メルフェイス エクス メルフェイス  の力が漲る
ランス マリア マリア  の力が漲る
パットン ハンティ パットン と  ハンティ の力が漲る
パットン フリーク フリーク  の力が漲る
パットン ヒューバート ヒューバート  の力が漲る
ミリ ミル ミリ と  ミル の力が漲る
ランス サテラ サテラ  の力が漲る
美樹ちゃん メガラス メガラス  の力が漲る
美樹ちゃん 健太郎 美樹ちゃん と  健太郎 の力が漲る
ランス アールコート アールコート  の力が漲る
ガンジー 千鶴子 千鶴子  の力が漲る
[ 8 ]  戦闘中のコマンド
順番が回ってきたときの初期状態は、 魔法部隊、砲術部隊、弓部隊は遠距離攻撃で攻撃するように決定してあり、 他の部隊では直接攻撃で攻撃するように決定してある。
< 1 >  部隊以外の任意の座標で右クリック
戦闘コマンドの一覧が表示される。 戦闘コマンドには防御、待機、自動攻撃、自動防御、退却の5つの項目が出る。 また、デバッグモード時にはズルと撃退が選択肢に加わる。 防御、待機、自動攻撃、自動防御はその部隊のみの行動を、 それ以外は自軍全体の行動を決定する。 カプセル怪獣を持っているときはカプセル怪獣の項目も加わる。
( 1 )  防御
次にその部隊の順番が回ってくるまで、その部隊の防御力が上昇する。上昇値は不定。
( 2 )  待機
その部隊が何もしないで順番を過ごす。 必殺技を持つ隊長がその部隊にいる場合には、 次回以降に順番が回ってきたときに必殺技を出せるようになる。
( 3 )  必殺技
必殺技を持っている部隊でのみこのコマンドを出すことができる。 このコマンドを出すにはその部隊が待機コマンドを行っておけばよい。 項目の表示はそれぞれの必殺技の名前になる。 ただし、美樹ちゃんの必殺技のみは特殊なので帝都と無国籍の「消えちゃえボム」を参照してください。
パットンのみ、必殺技を出したときに敵の反撃を食らう。
ランスランスアタック 対象部隊の部隊長に1〜3のダメージ
リック・アディスンバイ・ラ・ウェイ 対象部隊の部隊長に1〜4のダメージ
アスカ・カドミュウムチューハイ 相手部隊に兵数だけアスカ自身が魔法攻撃   要 習得
魔想 志津香白色破壊光線 相手部隊に兵数だけ志津香自身が魔法攻撃
パットン・ミスナルジ武舞乱舞 相手部隊に兵数だけパットン自身が直接攻撃  ダメージ有り
山本 五十六疾風天破 対象部隊の部隊長に1のダメージ
メガラスハイスピード 対象部隊の部隊長に1のダメージ  魔人にも攻撃可能
小川 健太郎ランスアタック ランスのと同じもの  要 習得
来水 美樹 消えちゃえボム 特殊なので 要 参照
ガンジー破邪覇王光 相手部隊に兵数だけガンジー自身が魔法攻撃
山田 千鶴子黒色破壊光線 相手部隊に兵数だけ千鶴子自身が魔法攻撃
マジック白色破壊光線 相手部隊に兵数だけマジック自身が魔法攻撃
ナギ黒色破壊光線 相手部隊に兵数だけナギ自身が魔法攻撃
ロレックス・ガドラス弐武豪翔破 相手部隊に兵数だけロレックス自身が直接攻撃
( 4 )  自動攻撃
それ以後、その戦闘が終了するまで敵の軍の一番上に表示してある部隊に攻撃するようになる。
( 5 )  自動防御
それ以後、その戦闘が終了するまで防御体制を取りつづける。
( 6 )  退却
その場で戦闘を終了する。 ただし進撃戦の場合には進撃が失敗し、防衛戦の場合には都市を放棄したことになる。
( 7 )  通常攻撃・魔法攻撃・弓攻撃
魔法部隊・砲術部隊・弓部隊の行動を決定するときにのみ加わる。 どの部隊も直接攻撃、すなわち肉弾戦を行うことは可能なので攻撃方法を選択することができる。 魔法部隊は通常攻撃と魔法攻撃から、砲術部隊と弓部隊は通常攻撃と弓攻撃から攻撃方法を選択する。 マリアの砲術部隊はここにおいて弓攻撃として扱われているようだ。
( 8 )  カプセル怪獣
カプセル怪獣を持っている部隊の順番になるとカプセル怪獣による攻撃を選択できるが、 1回これは選択したらその時には他の方法での攻撃が選べなくなる。 カプセル怪獣は2種類あるが、どちらも直接攻撃しかできなく、 カプセル怪獣も攻撃時にダメージを受ける。 しかしダメージを受けても討ち取られてもカプセル怪獣は何回でも使うことができる。 よってカプセル怪獣単体では無敵に等しい強さを発揮する。また、 敵の部隊から攻撃を受けるときはカプセル怪獣ではなくカプセル怪獣を持っているキャラの部隊にダメージが与えられる。
( 9 )  ズル
デバッグモードでのみ使えるコマンドで、遠距離攻撃のインチキビームを攻撃方法にする。 基本的に隊長の放つ必殺技のインチキ強化版。 対象とする敵の部隊の部下に20000、隊長に20000のダメージを与える。 しかし、魔人にダメージを与えられない部隊はインチキビームでもダメージを与えられない。
( 10 )  撃退
デバッグモードでのみ使えるコマンドで、その場で戦闘を終了する。 退却とは違って、進撃戦では進撃戦が成功し、防衛戦では都市の防衛は成功する。 しかし、大阪城を撃退コマンドで制圧してしまうとその後もJAPANフェイズが消えなくなるので注意。
< 2 >  任意の敵部隊にカーソルを合わせてクリック
順番が来ている味方の部隊がクリックした敵部隊に攻撃する。
< 3 >  任意の味方部隊にカーソルを合わせてクリック
その味方部隊の部隊情報が表示される。 味方の部隊情報には作戦、戦闘レベル、HP、部下、部下攻撃力、部下防御力、魔法攻防、攻撃回数が書かれている。 作戦の項目は何も表示されない。
< 4 >  任意の敵部隊にカーソルを合わせて右クリック
防御、待機、自動攻撃、自動防御、敵情報、退却から選択するポップアップが出る。 敵情報はその敵部隊の部隊情報を表示するが、味方部隊の部隊情報と違って作戦と戦闘レベルは表示されない。 また、デバッグモード時にはズルと撃退が選択肢に加わる。
< 5 >  任意の味方部隊にカーソルを合わせて右クリック
手動攻撃、自動攻撃、自動防御、味方情報から選択するポップアップが出る。 手動攻撃は意味の無いコマンドで、味方情報はその味方部隊の部隊情報を表示する。
[ 9 ]  経験値とレベルアップ
部隊はレベルアップするほど強くなっていく。 レベルアップをするには経験値を溜めればよい。 次のレベルアップまでに必要な経験値と現在の経験値は、 部下一覧で調べたい部隊をクリックしてから情報という項目を選択すればよい。
< 1 >  経験値の獲得
戦闘を行い、その戦闘が終了するとリーザス軍(盗賊時代は盗賊団)の戦闘参加部隊に経験値が入る。 この経験値はどの部隊をどの部隊が倒したかということや、 どのぐらいの敵の兵士をしたかということに関わらず、戦闘に参加した部隊に対して均等に与えられる。 戦闘で勝利するとたくさんの経験値を入手できるが、撤退や敗北をするとそれなりの経験値しか入らない。 ただし、遠隔地探索での戦闘ではどう振舞っても、1回の戦闘では1の経験値しか入らない。
この経験値はHの経験値と共有らしく、ランスはハーレムコマンドで、 ヒューバートはフレイアの夜這いイベントでも経験値が上昇する。 しかし、ハーレムコマンドで女の娘側に経験値は入らない。
< 2 >  レベルアップの特典
レベルアップの時にランダムに部隊ステータスの修正が起こる。 このステータス修正は以下のものがある。
・部隊長での攻撃回数が増加
・進撃戦での部隊攻撃修正を+1
・進撃戦での部隊防御修正を+1
・防衛戦での部隊攻撃修正を+1
・防衛戦での部隊防御修正を+1
・防衛戦での部隊攻撃修正を+1
・迷宮戦での部隊防御修正を+1
・迷宮戦での部隊攻撃修正を+1
レベルアップでおこるステータス修正はまったくのランダムに起こるものなので、 レベルアップ直前で次の週にして、いい特典が付くまで何回もやり直しした方がいい。
マウスでマップ上の都市や遠隔地をクリックして出るポップアップから行動を選択して行動する。 このポップアップで選択できるものを地域コマンドという。 地域コマンドは1週で1つしか行うことができない。 レディ商隊は魔界以外を転々としている。
また、任意の場所で右クリックをすると特殊コマンド一覧のポップアップが現れ、 行動を行う場合にはポップアップから選びたいものをクリックすればよい。 ポップアップは任意の座標での右クリックでキャンセルされる。
[ 1 ]  魔界の特殊地域と人間界の都市
< 1 >  リーザス領内の都市
リーザス領にある都市の地域コマンドには防衛工事と臨時徴収とがある。 都市によってはこの2つ以外のものがあったり、臨時徴収のコマンドが無かったりもする。
( 1 )  防衛工事
防衛工事を行うと都市の防衛力がアップする。 この防衛力は市街戦を行ったときにその都市を守備する側の被害を軽減する。 防衛工事は、その時の防衛力に200万GOLDをかけた金額がコストになる。 たとえば防衛力を4から5に上げるには800万GOLDが、 9から10に上げるには1800万GOLDがコストになる。
防衛工事以外の地域コマンドを使うことが多い上に、 都市の防衛力が及ぼす被害の軽減は小さいものなので、 防衛工事を行うことはほぼ皆無である。
都市の初期防衛力や最高防衛力はまちまちなのだが、 防衛工事を実際に使う機会はほぼ皆無なので気にしなくてもよいだろう。 強いて行う都市といえば、ゼスのサバサバ、ヘルマンのマイクログラード、 魔界の硫黄の森、リーザスのリーザス城だ。
( 2 )  臨時徴収
臨時徴収を行うとお金が手に入る。また、 時や場所によってはイベントが起きたりアイテムや女の娘が手に入ったりする。
臨時徴収で手に入る金額はランダムに変化するが、基本的には都市の経済力に左右される。 手に入る金額のほぼ全てが1000万GOLD未満なので、 お金だけが目当てならばDXの会を訪れて1000万GOLDを貰った方が効率がよい。
< 2 >  他国の都市
別国でリーザスに隣接していない都市の地域コマンドは忍者工作だけである。 忍者工作には「情報集め」と「破壊活動」がある。
忍者工作はその週でまだ行動していない忍者がいる場合に未行動の忍者を使って行うので、 部下の忍者が全員行動済みであると忍者工作を行えない。
( 1 )  破壊工作
情報集めは対象の都市の経済力・防御力・戦闘域を知ることができる。 破壊活動は忍者によって違う行動を行う。スパイ斎藤さん以外は50%の確率で成功する。 スパイ斎藤さんに破壊活動をさせても意味が無い。
< 3 >  リーザス領に隣接する都市
リーザス領に隣接する都市の地域コマンドには攻撃進軍と忍者工作とがある。 忍者工作はすぐ上で説明したものと同じ。
自由都市への攻撃進軍に限り、 「話し合いで併合」と「武力で制圧」から選択することができ、 「話し合いで併合」でリーザス領にできる都市もあり、 話し合いの上で併合の交換条件を提示してくる自由都市もある。
魔界への進撃は、リーザスがゼスとヘルマンを占領していて、 ケイブリスが魔界地域を統一した後でないと行えない。 また、魔界にあるケッセルリンク城と悪の塔だけは占領方法が特殊なので注意が必要。
リーザス領が拡大すると、 もしくは未行動の部隊が無くなるとその週は攻撃進軍を行えなくなる。
( 1 )  攻撃進軍
攻撃進軍はリーザス軍の進撃を行い、リーザス領の拡大を試みるコマンドである。 リーザス軍の進撃に関しては上の「戦闘」の項目を参照してください。
[ 2 ]  遠隔地
遠隔地をクリックすると、対象となった遠隔地が光った後に遠隔地コマンドのポップアップが出る。 古代の遺跡以外は「探索開始」と「戻る」という遠隔地コマンドが出る。
メリムが動ける状態にあると、 犠牲者が出る可能性がある遠隔地では「メリムを連れて」という遠隔地コマンドが加わる。 このコマンドをクリックすると、 「メリムを連れて」のかわりに「メリムを残す」という遠隔地コマンドが出る。
古代の遺跡では、カオスを持ったランスが訪れてからは「神の扉」という遠隔地コマンドが加わる。 また、サーレン山、緑の里や盗賊団のアジトはクリックした時点で、 部隊を指定せずに遠隔地探索が開始する。 カラーの森も初回はクリックした時点で探索するが、 2回目以降は遠隔地コマンドのポップアップが出るようになる。
「戻る」は右クリックと同じで、ポップアップを閉じる。 「探索開始」をクリックして、探索する1部隊を選ぶと遠隔地の探索を開始する。 1回の遠隔地探索には1部隊しか赴けない。
< 1 >  迷宮などでの行動
迷宮や洞窟などでは階層を移動してアイテムを探すことになる。 アイテムのある階層は決まっていて、1回アイテムを取得するともう出現しなくなる。 階層を移動するには「上に行く」や「下に行く」を選択する。
階層の移動中に「強制終了」を選択するとすぐに外に出ることができ、遠隔地探索を終了する。 次にその遠隔地を探索するときには、前回脱出した階層から始めることができる。 もちろん入り口から探索することもできる。
< 2 >  遠隔地での戦闘
遠隔地での敵との遭遇は階層を移るごとにランダムに発生するものの、 中には迷宮のボスのようなキャラもいる。そのようなキャラは特定の階層にいて、 1回倒すともう出てこなくなる。 ふつうの敵との遭遇率は、アイテムの安全盆栽を持っているキャラの部隊での探索の際には低下する。
敵と遭遇した場合には迷宮戦となり、この戦闘では退却を行うことはできない。 遠隔地での戦闘はどれも終了した時点で経験値が1上昇する。
< 3 >  メリムの同行
解呪の迷宮の27階にメリムを同行して訪れた場合には成長の泉を見ることができる。
また、メリムを遠隔地探索に同行させた場合、 階層を移るときに見つけ物をする。見つけ物は3種類で、 体力の秘薬と魔力の秘宝とスーパーの卵である。
メリム同行時に戦闘域よりも小さい兵数で戦闘にあうと、メリムがランダムに負傷する。 メリム負傷の際に天才病院があれば入院になり、天才病院がなければメリムは死亡する。
( 1 )  体力の秘薬
黄色い光をメリムが発見したらコレ。体力の秘薬の効き目で即座に部隊長の体力が+2される。
( 2 )  
黒い光 魔力の秘宝 魔法力/魔法防御力+1
( 3 )  スーパーの卵
[ 3 ]  特殊コマンド
ポップアップが開いていない状態で任意の座標で右クリックをすると特殊コマンドの一覧が表示される。
< 1 >  帝都建設
リーザス城にいろいろな施設を建設するコマンド。 かかる費用と期間は建物によってまちまちとなっている。 建設した施設へはリーザス城の地域コマンドで行くことができる。
詳しくは帝都と無国籍の「リーザス城」を参照してください。
< 2 >  ハーレム
臨時徴収や戦闘のイベントでハーレムに女の娘が入ると、ここで呼ぶことができる。 ハーレムコマンドを選択するとハーレムの一覧が表示されるので、 ここで誰を呼ぶのかを決定する。
ハーレムコマンドを選択した直後にメイド(すずめかウィンディ)のイベントが起きると、 そのメイドもハーレムに加わる。これはランダムに1回ずつ起きる。
また、レディさんを牢に繋いでいて、レディさんを2ヶ月以上抱いていないと強制的にレディさんの牢に行って、 コマンドを無駄に消費してしまう。 これを回避するには、レディさんを放っておく、かカフェに戻してやるか、 レディさんを牢に入れてしまった場合には2ヶ月に1回以上はリーザスの地域コマンドの牢のレディ牢を訪ればよい。
< 3 >  宝物
ランスがリーザス君主となってから使用できる、アイテムを部下に装備させておくようにするためのコマンド。 宝物コマンドを選択すると、部下一覧かアイテム一覧が表示される。
アイテム一覧が出ているときに選ぶアイテムをクリックすると部下一覧が出てくるので、 選択したアイテムを装備させたい部下をクリックする。 もしくは、部下一覧が出ているときに選ぶ部下をクリックするとアイテム一覧が出てくるので、 選択した部下に装備させたいアイテムをクリックする。 いずれの方法でも部下にアイテムを装備させることができる。
日光やカオスを手にした後のランスや健太郎の装備を変更することはできない。 また、アイテムの中には装備が出来ない物も多くある。
アイテムを装備したキャラが死んだり嫁いだりするとアイテムは無くなってしまう。 そうしたら二度と入手できなくなってしまう。
< 4 >  商人
ランスがリーザス君主となってから使えるようになる、 商人プルーペットを呼び寄せて買い物や借り物をするコマンド。 このコマンドだけは右クリックではなく「帰らせる」を選択してポップアップを閉じる。
( 1 )  アイテムを買う
アイテムを買うことができる。買うとアイテム一覧に加わる。
< 人望の杖 >
5000万GOLD。 装備した部隊の隊長がレベルアップする時に、 パラメーター上昇値が下がる代わりに最大部隊数をタダで上昇する。 パラメーターの上昇値が下がってしまうので使わない方がよいだろう。
< ナポレオンの書 >
8000万GOLD。装備するキャラの部隊の攻撃力が1アップする。
< 信玄の書 >
8000万GOLD。装備するキャラの部隊の防御力が1ずつアップする。
< 身代わり忍者 >
10000万GOLD。忍者が破壊工作で捕まったときに逃げ出せるようにする。
< 忍者とりもち >
300万GOLD。 臨時徴収でヘルマンの忍者のフレイアに3回会っていると選択肢に加わる。 使い方についてはヘルマン編の「忍者フレイア」を参照してください。
< シィルの服 >
10万GOLD。シィルを部下にしていると選択肢に加わる。 DXの会でソルニアやカチューシャと交換に入手することもできる。 プルーペットから買った場合にはDXの会で交換することが出来なく、 DXの会で交換するとプルーペットから買うことは出来ない。 買った後に部下コマンドでシィルと話すとイベントが起きる。
< ヒラミレモン >
5000万GOLD。 健太郎と美樹ちゃんが闘えるようになった後にヒラミレモンのストックが無くなると選択肢に加わる。 このヒラミレモンは、美樹ちゃんが食べるときに美樹に装備させて置かないと意味がなく、 これを怠ってしまうと美樹ちゃんと健太郎が旅に出てパイアールに捕まってしまい、 ケイブリスが美樹ちゃんを殺して魔王になってしまう。
< 霧カード >
価格は不定。デンジャラスホールの10階で入手して霧カードを入手した後に、 使ってしまってストックが無くなると選択肢に加わる。 装備させたキャラが参加している戦闘時に使うことができる。 詳しくは上の「戦闘」の項目を参照してください。
価格は、霧カードを買うのがn回目でx万GOLDが価格とするとしたの式が成り立つ。
                     x = 5×n×n+125×n+1190
( 2 )  レベッカを買う
このコマンドはいくら選択しても無駄である。
( 3 )  レベッカを抱く
200万GOLDでふくマン少女のレベッカを抱くことができる。 抱くと福があるはずだが、この福が発揮されるのはヘルマンへの山脈越えのときくらいである。 山脈越えに関しての詳しいことは、ヘルマン編の「第1軍」を参照してください。
レベッカを抱くコマンドを選択すると、レベッカをハーレムに入れられなくなる。
( 4 )  傭兵を雇う
傭兵部隊を雇うコマンド。雇い方によって金額が違ってくる。 1回出陣させると翌週帰ってしまうが、このときにアイテムを装備しているとそのまま持っていてしまうので、 次に同じ部隊を雇うまではアイテムコマンドからそのアイテムが消えてしまうが、 次に雇ったときにそのアイテムも戻ってくる。 また、帰る週の頭に起きるイベントは他の週の頭のイベントを潰してしまうので、傭兵部隊はあまり頻繁に使うのは問題がある。 イベントの中には他のイベントとは関係なしに強制的に起こるものもあるが。
進撃に参加させても傭兵部隊を帰らせないようにする方法もある。 たんげ犬をつけさせて、進撃戦や迷宮探索に行かせると他軍フェイズのときには未行動状態になり、 ここで迎撃戦に出さなければ帰ることがない。
もちろん部隊長が死ぬと二度と雇えなくなる。
傭兵Aはルイス部隊で、傭兵Bはセシル部隊である。どちらも進撃戦・迷宮戦に長けている。
ルイス部隊(傭兵A)
ルイス(9)+傭兵(200)    ・・・  400万GOLD
ルイス(9)+傭兵(1000)  ・・・  800万GOLD
セシル部隊(傭兵B)
セシル(6)+傭兵(1000)  ・・・  300万GOLD
セシル(6)+傭兵(5000)  ・・・  1100万GOLD
< 5 >  部下
部下コマンドを選択すると部下一覧が表示される。 51部隊しかないが、実は52番目の部隊がある。 これはかなり裏技に近いので、オマケとデバッグの「52番目の、、、」を参照してください。
部下を1人クリックするとポップアップが登場し、 そこには「不足部下の補充」、「新規兵員の追加」、「部下と話す」の項目が書かれている。 もちろん右クリックで戻ることもできる。
すでにその週に出陣しているキャラの部隊は選べなく、 話をできる部下は毎週1人だけである。 また、不足部下の補充と新規兵員の追加は共通のコマンドと考えられていて、 毎週どれか1部隊の部隊しかいじれない。 たとえば、バレス部隊の不足部下を補充をするとリック部隊の新規兵員の追加はできない。
( 1 )  不足部下の補充
部隊を現在の最大部隊数まで回復させる。その部隊に負傷者がいない場合には選べない。
( 2 )  新規兵員の追加
ランスがリーザス君主となってから使えるようになる、最大部隊数を増やすコマンド。 不足部下の補充に比べて多くのお金が必要になる。 中には魔人部隊のようにサイゼル部隊のように最大部隊数を増やせない部隊もある。
( 3 )  部下と話す
文字どおりに部下と話をするコマンド。これで進むイベントもある。
< 6 >  リーザス城へ戻る
このコマンドを選択するとリーザス城を選択したことと同じようになる。 意味のないコマンドと考えてよい。
< 7 >  ロード・セーブ
ゲームデータのセーブやロードを行う。 セーブは週の頭のイベントが始まる直前を区切りとしてデータを保存するので、 セーブコマンドを行った週に行った活動は記録されない。
また、毎週自動セーブが行われているのでその週の頭からやり直したい場合にはセーブコマンドを使う必要はない。
< 8 >  各種データ
ランスがリーザス君主となってから使用できる。 リーザスの現在の支配状況、総資金、諸経費、軍事費を表示する。 ケイブリスを倒す直前には支配状況をしっかり確認しておきたい。
< 9 >  考える
ランスが悶々と考えるだけのコマンド。 Hなことばかり考える。文字しかでない上に使う必要はほとんどない。
< 10 >  (デバッグモード)
デバッグモードでのみ登場する特殊コマンド。 ツール(?)を鬼畜王のデータに充てることで使えるようになる、 製作者用に作られたものであり表の世界での一般配布は行われていない。 詳しくはオマケとデバッグの「デバッグモード」を参照してください。
< 11 >  ターンEND
その週のリーザス(初期は盗賊団)の行動を終了して敵が行動する順番に移る。 敵の行動の際には、リーザスは防衛のみを行える。 防衛に関しての詳しい情報は上の「戦闘」の項目を参照してください。
 


ランスTOPページ